パワサカファンの皆様、こんにちは。


以前、おすすめのポジション別に査定効率の良い金特を紹介させていただきましたが、今回は実用性に優れた金特をご紹介しましょう。


今回はDF部門です!

査定効率の良い金特はこちら
→DFのコツで査定の高い能力ってなに!?
Sponsored Link


DFにおすすめの使える金特紹介!

「スピードスター」


攻撃時に特化して輝きを放つのが「ドリブルキング」だとすれば、守備攻撃時問わず有効なのがこの「スピードスター」です。素早く動ける事を可能にするこの能力は、「最高速が速くなる」というより「加速がつきやすい」と解釈した方が正しいように思います。なので、少々基礎能力が低くてもあっという間に相手やボールに接近する事ができます。どのポジションでも有効ですが、フリースペースが多いサイドのポジションの選手に付けると圧倒的な力を見せます。

中盤で受けたボールをサイドに散らして攻撃を展開するサイドアタッカー派の人にはぴったりの能力ですね。


「猟犬」

パワサカ リセマラ SR 出る 確率
相手にプレスをかけて体力を奪う能力です。相手のFW能力が高くてもバテさせる事によって能力を下げる事ができ、相手が格上の時などに特に有効な能力と言えます。しかし、猟犬のメリットはそれだけでありません。オート操作時にもプレスをかける事が多くなるため、ボール奪取の機会が多くなります


とかく


「相手がドリブル突破してきているのに、DFが棒立ち・・・(゚Д゚)ゴルァ!」


という現象が起きやすいパワサカにおいて、献身的なプレスをかけてくれるDFは非常に役立ちます。一方で、激しいプレスをかけるが故にファウルをもらいやすいという側面もあるため、そこは「フェアプレー」や「ジェントルマン」などの能力でしっかりと補ってあげましょう。


「フィジカルモンスター」


接触プレイに強くなるフィジカルモンスターは、ディフェンス時に特に有効です。相手がドリブルで攻めあがってきても、正面からふっとばしてボール奪取というパワフルな守備が可能になります。

相手をふっとばす事は見た目に派手というだけでなく奪ったボールを再度奪い返されるリスクが減る ため、攻撃への切り替えもスムーズになり、全体的な試合の流れも良くなります。

できればすべてのポジションにつけたいところですが、取得には大量の筋力経験点が必要となるため、キック力に大量の筋力経験点を取られるFWにはやや不向きと言えます。一方で筋力経験点が余りがちなDFにおいては、無駄に基礎能力に振っていた経験点を有効な金特に使う事ができ、最高のオプションとなります。

また、フィジカルモンスター持ちの「ミーナ・J・紅城」が、金特確定キャラである事もポイントが高いですね。


関連記事:スタジアム攻略!試合で勝つにはコレ!裏技方法を発見した!
Sponsored Link


Sponsored Link
pawastar

癖はあるけど、個人的におすすめ!な金特

「シルキーパス」


フライパスにバックスピンがかかるシルキーパスは、本来はMFへ付けるべき能力ですが、DFが自陣から長いパスを出す時にも有効に働きます。


相手選手の頭を越して、がら空きのスペースにぽとりを落ちる最高のパス…それをDFも出せるとなれば攻撃のカードをさらに増やす事ができます。DFを攻撃の駒とは考えず、守備専と考える方にはおすすめできませんが、どこからでも攻撃につなげる事ができるオフェンシブなチームを作りたい方には是非おすすめしたい能力です。

ちなみに査定効率も良く、必要経験点も多くなく、金特取得も十一条秀から確定でゲットできるというとっつきやすさもあるので、ぜひ気軽に試してみてください。

まとめ


いかがだったでしょうか?

攻撃よりも守りの操作が難しいと言われているパワサカにおいては、金特で操作性を補う事は非常に重要です。


スタジアムでの常勝軍団を作る上で、記事を参考にDF専用にチューンナップされた選手育成を目指してみてください!


関連記事:サクセスでAランク以上を簡単に育成するコツをご紹介
Sponsored Link


Sponsored Link
pawastar